軽自動車の維持費にかかる費用は?普通車と軽自動車の違い

query_builder 2024/02/13
ブログ
TOM`S CAR

車を購入する際は、購入時にかかる費用だけでなく、維持費のことも考えておく必要があります。軽自動車の維持費は普通車より安いという印象がありますが、実際のところ、どのくらい違いがあるのでしょうか?この記事では、軽自動車を所有する上でかかる維持費の内訳と金額、軽自動車の維持費を節約する方法について解説します。  


軽自動車の維持費が安い理由

軽自動車でも普通車でも、駐車場代やガソリン代などには違いがありません。それにもかかわらず、軽自動車のほうが維持費は安くなる傾向があります。まずは、軽自動車の維持費が安くなる理由について解説します。  


まずは、軽自動車と普通車の主な維持費の違いです。  


維持費の要素             軽自動車              普通車

車両税(年間)         10,800円以下      25,000円以上

車検費用(自動車重量税)       年間3,300円       車両重量に応じて上昇

交換部品費用            普通車より安価   部品のサイズや重量に応じて上昇

保険料             一般的に安価      一般的に高価



  



・毎年かかる軽自動車税が安い

軽自動車税は、年間税額が普通車よりも低く設定されています。例えば、軽自動車の場合、年間税額は10,800円から始まりますが、普通車では25,000円からとなります。この差額が軽自動車の税金の安さを象徴しています。  


・車検費用(自動車重量税)が安い

車検時に支払う自動車重量税も軽自動車のほうが安価です。軽自動車の標準税額は年間3,300円ですが、普通車では重量に応じて税金が上がり、大きな車ほど高額となります。

 

・交換部品が安い

軽自動車は部品のサイズが小さいため、交換部品の費用が普通車よりも安価です。これは車検や定期メンテナンス時に大きな差となります。  


・保険料が安くなることもある

自動車保険の保険料は車種や条件によって変動しますが、同じ条件下では軽自動車のほうが保険料は安いことがあります。これは軽自動車の方が修理費用が安価であるため、保険会社のリスクが低いと見なされるからです。  


軽自動車の維持費の内訳

軽自動車の維持費には以下のような項目が含まれます。  


税金

・軽自動車税(種別割)

軽自動車を所有する際に支払う税金です。毎年4月1日時点で車を所有している場合に課されます。軽自動車税は、車の種別や排気量に応じて異なります。通常、軽自動車税は年間10,800円となりますが、一定の条件下では税額が変動します。  


・自動車重量税

軽自動車を車検に通す際に支払う税金です。軽自動車の場合、標準税額は年間3,300円です。ただし、環境性能によっては税額が免除または軽減される場合があります。  


保険料

・自賠責保険料

自動車を所有する際に必須の保険料です。交通事故による相手方への損害賠償責任を補償します。軽自動車の場合、自賠責保険料は年間で一定の金額が設定されます。  


・任意の自動車保険料

自動車保険に加入することで、車両の損害や盗難、けが人の治療費などを補償する保険料です。軽自動車の場合も、保険の種類や補償内容によって保険料が異なります。  


車の使用に関する費用

・燃料代

軽自動車の場合、一般的に小型エンジンを搭載しているため、ガソリンの消費量が少ない傾向があります。しかし、走行距離や運転状況によって燃料代は変動します。  


・有料道路の通行料

高速道路や一部の道路では通行料金が発生します。軽自動車の場合、普通車と比較して料金が割安な場合があります。  


・駐車場代

自宅や外出先での駐車場代が維持費に含まれます。地域や立地条件によって駐車場代は異なります。  


車のメンテナンス費用

・定期メンテナンス費用

軽自動車でも定期的な点検やオイル交換、タイヤの交換などが必要です。これらのメンテナンス費用が維持費に含まれます。  


・修理費用

車が故障した場合の修理費用も維持費に含まれます。故障の程度や修理内容によって費用は異なります。


これらの項目を総合することで、軽自動車の維持費の内訳を把握することができます。    



日常からできる節約方法

さらに、軽自動車の維持費を節約するための具体的な方法を以下に詳しく説明します。  


・環境性能の良い車を選ぶ

エコカーなど、燃費が良く排出ガスが少ない車を選ぶことで、車両税や自動車重量税が割安になる場合があります。環境性能に優れた車種を検討することで、結果的に維持費を抑えることに繋がります。  


・自動車保険を見直す

自動車保険のプランを見直し、必要最低限の補償内容に絞ることで保険料を削減できます。また、保険会社やプランを比較することで、より安価な保険料を見つけることができます。  


・燃費を意識した運転

急発進や急ブレーキなどの過度な運転は燃費を悪化させるだけでなく、タイヤの摩耗やエンジンの劣化をもたらします。穏やかな運転を心がけ、燃費を向上させることで給油回数を減らし、維持費を抑えることができます。  


・定期的なメンテナンス

自身でできる簡単なメンテナンス作業を積極的に行いましょう。例えば、エンジンオイルやエアフィルターの交換、タイヤの空気圧調整などは定期的に行うことで、車のパフォーマンスを維持しつつ、整備費用を節約できます。  


・適切なタイヤの選択とメンテナンス

適切なタイヤを選択し、定期的なタイヤローテーションやバランス調整、タイヤの溝のチェックなどを行うことで、タイヤの寿命を延ばし、安全かつ経済的な運転を実現できます。  


・冷間運転を避ける

車両のエンジンが冷間の状態での運転は燃費が悪化する可能性があります。特に冬季など気温が低い時には、エンジンの暖気を行うか、できるだけ冷間運転を避けるようにしましょう。


これらの方法を組み合わせて実践することで、さらに軽自動車の維持費を効果的に節約することができます。  


まとめ

普通車と軽自動車にかかる維持費は大きく違います。そして軽自動車の維持費をより抑えるためには、エコカーや燃費に優れた車に乗り換えることが重要です。また、自動車保険を見直し、運転方法を改善し、定期的なメンテナンスを行うことで、維持費を効果的に削減できます。さらに、燃料代や駐車場代の節約も重要であり、これらの方法を組み合わせることで、軽自動車の維持費をより効率的に管理できます。高い環境性能を持つエコカーへの乗り換えや自動車保険の見直し、様々な節約方法を検討することで、これらの維持費をできるだけ抑えることが可能です。

NEW

  • 軽自動車の維持費にかかる費用は?普通車と軽自動車の違い

    query_builder 2024/02/13
  • ハイブリッド車とは? メリットデメリットも簡単解説!

    query_builder 2024/02/05
  • 中古車ってどこで買うのがおすすめ?

    query_builder 2024/01/19
  • 走行距離によって中古車の乗換タイミングって変わるの?

    query_builder 2023/11/29
  • プロが選ぶ軽自動車:優れたモデルと選び方

    query_builder 2023/11/01

CATEGORY

ARCHIVE